唯一の正規デザイン”CREW-ZERO”

始まりは2004年、CREWS DESIGN STUDIO

CREWS DESIGN STUDIO「クルー・ゼロ」は2004年にプロダクトデザイン会社「CREWS DESIGN STUDIO」の板谷浩幸氏によりデザインされました。
カーサカーサはCREWS DESIGN STUDIOより正式に意匠使用許諾を受けた、現在唯一の正規品を販売しています。
残念ながら、多くの模倣品が市場に出回り「クルー・ゼロ」と同じものだろうとの認識でご購入されているお客様も少なからずいらっしゃるようです。

本物はCASACASAでしか手に入りません

2018年3月現在、「クルー・ゼロ」は卸売を一切行わず、カーサカーサでのみ販売いたしております。
カーサカーサの「クルー・ゼロ」以外の類似デザイン商品は、全て模倣された物で、生産工場や材料も異なりますのでご注意ください。

カーサカーサオンラインストアを見る ≫

クルー・ゼロと他社製品との違い

2004年にCREWS DESIGN STUDIOのプロダクトデザイナー 板谷浩幸氏によりデザインされた原案から “CREW ZERO(クルーゼロ)”は作られました。
カーサカーサはCREWS DESIGN STUDIOより正式に意匠使用許諾を受けた、現在唯一の正規品を販売しています。

圧倒的なデザインの差

プロダクトデザイナー 板谷浩幸氏による徹底的なデザイン監修の元、「クルー・ゼロ」は作られています。微妙なカーブライン、細部にまでこだわったフォルム、最適なバランス。手間を惜しまず、納得の行く形を作り上げました。それはまさに模倣品では味わえない、「本物」の形です。


  • 1.クルー・ゼロは、先端にかけて細くカーブを描くデザインです。
    2.クルー・ゼロは、フレーム後方部が大きく弧を描いています。
    3.クルー・ゼロは、背もたれもリラックスしやすいよう角度が付いています。
    4.クルー・ゼロは、背もたれ部分と座面クッションの接続部分も美しいです。
    5.クルー・ゼロの脚は、シルエットに合わせた細めの脚に。
  • 1.類似品は、座面の厚みもフレームの形も整っていません。
    2.類似品は、全体的に角ばっています。
    3.類似品は、背もたれの角度なども垂直に近いものが多いです。
    4.類似品は、背もたれ部分と座面クッションの接続部分もおおざっぱです。
    5.類似品の脚は、太いものや真っ直ぐなものなど、デザイン性に欠けたものが多く見受けられます。

原案デザインに忠実な”オリジナル”。整ったバランス、高い完成度

「クルー・ゼロ」シリーズは、全体はもちろん細部においてもデザイン性、バランスにこだわっています。
特にベースラインの美しい曲線は、試作を積み重ね、デザイナーが納得する形に仕上がるまでに多くの時間を費やしました。
製造においても、オリジナルのデザインは多くの手間と工程がかかります。
「クルー・ゼロ」シリーズは、あえて手間の掛かる工程を省かず、オリジナルの原案デザインを忠実に作り上げる道を選んだモデルです。

中身の違い

ヒノキ材、F☆☆☆☆素材、中身にもこだわり

  • F☆☆☆☆の国産 杉間伐材合板
  • 大手国内メーカーの生地
  • 国産Sスプリング
  • 国内素材メーカー製 高密度・高弾性ウレタン
  • 国産ヒノキ材の 木枠フレーム
  • 安全性の高い国産 F☆☆☆☆接着剤

国産ヒノキ材、尾張生産の張地、アキレス社製ウレタン等、高品質素材を 多く採用しています。
接着剤や合板は、全てホルムアルデヒド等級の最上位規格F☆☆☆☆(Fフォースター)を取得した材料を使用しています。有害物質のトルエンやキシレンを含まない身体にやさしい素材です。
※クルー・ゼロ日本製で採用されています

自慢ができるのは”本物”だけ

正規品はカーサカーサだけが販売しています

クルーズ・デザインスタジオのクルー・ゼロを製造、販売しているのはカーサカーサ株式会社だけです。
2016年8月18日現在、特許事務所の調査により、上記「クルー・ゼロ 」のデザイン部分においての高度な模倣はございません。
今後、「クルー・ゼロ 」のデザイン部分の高度な形態模倣品が販売された場合は、
意匠権侵害および不当競争行為として法的措置を取ることで 弊社顧問弁護士と準備しております。
※意匠権登録済

クルーズ・デザインスタジオ

CREWS DESIGN STUDIOCREWS DESIGN STUDIO(クルーズ・デザインスタジオ)は、インテリアを中心としたプロダクトデザインを手掛けています。
“実用性+美しいデザインの追求”というコンセプトを中心にデザイン活動を行っています。

CREWS DESIGN STUDIO公式サイトを見る ≫

デザイナー 板谷 浩幸

2003年より、CREWS DESIGN STUDIOとして、皮革製品を中心にプロダクトデザイナーとして活動を始める。
2005年にCREWS INTERNATIONAL LIMITED(現:クルーズ株式会社)を設立し、ソファやベッドなどのインテリアデザインに携わる。
アイデアを形にするために、自らプロトタイプエンジニアのトップに立ち、ヨーロッパ、東南アジアにも活動範囲を広げて、常に”洗練されたデザイン”、”最良の品質”、”適正な価格”を意識したリアルなデザインを発表している。
2006年に発表した流線型のベッドは、その大胆で官能的なデザインが話題を呼んだ。
2009年には Interior Lifestyleにてソファなどの作品を発表。会場の東京ビックサイトのVIPルームの家具も手掛けた。
2013年、神優作氏の手掛けるエリムズマイルプロジェクトとのコラボレーション作品「ELIMSMILE sofa」を発売する。