搬入経路をご確認ください

ソファー等の大型家具は、搬入経路の幅、高さ、構造によっては、お部屋まで入らない場合がございます。

お部屋に入れることができず、返品・キャンセルとなった場合、お客様都合となり、高額の返品送料(数万円)がかかってしまいます

ご購入の前に、搬入経路のサイズを必ずご確認くださいますよう、お願い申しあげます。

ご不安な場合はご遠慮なくお問い合わせ下さい。

搬入経路のチェックポイント

搬入経路に曲がり角がない直線の場合

delivery-route01
入り口・通路の幅が、商品梱包サイズの一番短い辺よりも10センチ程度広い場合は問題ありません。

入り口からすぐに曲がる場合、通常は立てて運搬しますので、
天井の高さが商品梱包サイズの一番長い辺よりも高く、
通路の幅が商品梱包サイズの一番短い辺より広いことが条件となります。

搬入経路に曲がり角がある場合

delivery-route・商品を横のままにして運ぶ場合

通路が直角の場合は、通路の幅、Aの二乗+Bの二乗が、商品の一番長い辺の二乗より長ければ搬入可能です。
※ぎりぎりではなく、ゆとり幅がある程度必要になります。
※手すり、ドアの位置などで、搬入できない場合がございますので、ご不安な場合はご相談ください。

delivery-route-height・商品を立てて運ぶ場合
通路の高さが商品の一番長い対角線を上回る場合、商品を立てて搬入できます。
その場合、通路の幅が商品の一番短い辺より広ければ搬入可能です。
※高さが足りない場合でも、梱包を解いたり、斜めにして運ぶことによって可能な場合がございますのでご相談ください。

エレベーターを使用する場合

delivery-route-elevator
エレベーターでの搬入は通常家具を立てた状態で行います。

扉の幅が商品の一番短い辺より広く
エレベーター内の高さが商品の一番長い対角線よりも高く
奥行きが商品の二番目に短い辺よりも広いことが条件になります。

※商品を斜めにしたときの奥行きがある場合、高さが足りなくても運べる場合がございますのでご相談ください。

階段折り返しの場合

delivery-route-step

・商品を横のままにして運ぶ場合
曲がり角のある通路と同様、通路の幅Aの二乗+Bの二乗が、商品の一番長い辺の二乗より長ければ搬入可能です。
※ぎりぎりではなく、ゆとり幅がある程度必要になります。

・商品を立てて運ぶ場合
踊り場の高さが商品の一番長い対角線を上回り、階段の幅が商品の一番短い辺より広ければ搬入可能です。

・らせん階段、その他複雑な構造の場合
幅や高さ、構造によって変わってまいります。幅と高さをご計測頂いた上、お写真を送って頂けますと、判断がしやすくなります。
必要場合は配送員がおうかがいいたしますので、遠慮なくご相談ください。

ご注意ください

※以上の条件を満たしていても、手すりや壁、段差などの構造の関係上、搬入可能不可能な場合がございます。ご不安な場合はどんな小さなことでも結構ですのでお問い合わせ下さい。

※狭い場合も、梱包をといて搬入、角度の調整、階段などは手すりを外す、などで可能な場合がございますのでお問い合わせ下さい

※通路を使った搬入が不可能な場合、ベランダから吊り上げて搬入することで可能な場合がございます。

※搬入代金が別途有料となる場合がございますが、お見積りを出した上、必ず前もって料金にご同意頂いてから配送手配いたしますのでご安心ください。

お問い合わせの際は、ご希望商品と搬入経路のサイズをおうかがいいたします。
あらかじめ通路をご計測いただいたメモをご用意くださいますと、スムーズにお応えできるかと存じます。

お問い合わせ・ご相談はこちら